チェックでわかるうつ病診断|病気について知ることが大切

医者と看護師

早期発見のために

下を向く女性

症状を見る

うつ病のチェックは色々な方法がありますが、ある意味わかりやすいです。眠れない、眠りの質が悪いと言うのはわかりやすい症状の一つです。他には、イライラしやすい、怒りやすい、騒音に敏感、やることなすこと全てがおっくう、気が沈んだり、場合によっては絶望的な気持ちになったり自殺したいと思うくらい落ち込むことも有るかもしれません。このような症状が有る場合は、まずは専門医にチェックしてもらうのが良いかと思います。専門医であれば、うつ病と、適応障害、不安障害などの区別もつけてくれ必要な治療法を提示してくれます。注意点としては、うつ病は様子を見て治療をするので、一度にいくつもの薬を処方する場合は要注意です。普通一つの薬を試し、ダメなら他の治療法を行うといったアプローチが基本なのでそれができていない病院は避けたほうがいいでしょう。ただ、実際に病院に行くまでが大変なことがあります。自分ではうつではないと認識している人が殆どで病院に行く必要は無いと本人は思っていることが多いのです。家族がアドバイスして、説得して病院まで連れて行くことができれば良いのですが、なかなか難しいことが多いです、そのような病院に行くことを嫌うのもうつ病患者の特徴のチエックポイントといえます。他の人が指摘できないなら、自分でチェックポイントを作れば自分でも納得できるので治療する気が自分から沸き起こることが多いと思います。そのために、自分で気づく方法もありますの参考にしてみてください。

自分で自分の状態を把握

自分でうつ状態を気づいていなくても、思い当たるところがあれば、うつ病と考えていいでしょう。当たり前と思っていたことは実は当たり前でなかったということはよく有るのです。まずチェックすること、お腹が空いた時に手が震えたりしないか、以上にイライラしていないか。また、その状態を解消するために甘いものを食べたり、おにぎりやパンを食べて解消しようとしていないか。信じられないかもしれませんが、うつのチェックポイントとしてはとても重要なポイントです。うつ病は脳内物質のアンバランスで発生するため、このような食生活は自分から脳内物質のアンバランスな状態を作っているのです。お腹が空いた時に手が震えたり、イライラするのは低血糖症の症状です。低血糖の状態だと精神的に非常に不安定です。それを解消するために糖分を摂取するのは血糖値を急上昇させ、急上昇したものは急降下するので、また低血糖の状態に短くして陥ります。それを解消するためにまた同じことを繰り返していいては脳内物質が安定するわけがありません。低血糖症の症状が出たらそれは鬱であると考えてください。それを抜け出すために血糖値の急上昇を抑えることが自分でできるのです。医者がいなくてもできるのです。まず、栄養バランスを取り戻します。サプリメント等を活用してもいいですが、基本バランスの取れた食事を野菜、タンパク質、糖質の順番でよく噛んで食べるのが基本です。ビタミン、ミネラルの不足を補うためにサプリメントは活用しましょう。運動も取り入れると血糖値が緩やかに下がるので、効果的です。どうしても甘いものが食べたい時でも少量に抑え、必ず野菜など血糖値を急激に上げないものを食べて低血糖症が出ないように気をつけましょう。それにより自分で症状を理解し、自分で対処できるようになります。