チェックでわかるうつ病診断|病気について知ることが大切

医者と看護師

病気の具体的な確認方法

診察

個人での簡単な確認方法

うつ病はただ気分が重いとか、やる気がでないといった症状が続くだけの病気ではなく、精神的な不具合が身体的な不具合を関連させて引き起こしてしまう病気です。うつにおいて身体的な不具合が起こる原因として、神経の伝達物質の過多や減少などによってめまいや頭痛、便秘などを併せて引き起こしてしまう事が原因と考えられています。うつの状態は、最初は精神的な感覚から不具合が引き起こされます。そして次に神経伝達物質の不具合が原因となり病気が発生すると言われています。うつの症状のチェックを行うにはインターネット上においてセルフチェックを行う事ができるサイトが多く作成されており、こうしたサイトを活用するようにしましょう。またチェックサイトによっては個人で作成しているサイトと、製薬メーカーなどによる企業による公式的なチェックサイトがあります。個人で作成されているサイトは、病気などで悩む人のために個人的に収集した情報を集約してまとめているサイトです。個人作成のサイトは、様々な情報を広く集約していますが情報内容の信憑性の保証がないため自己責任においての判断となります。多くのサイトでは情報の間違いは表記されていませんが、まれに誤認などによって誤解された内容が紹介されている場合もあるため、あくまで参考程度に広く情報を収集するのが望ましいでしょう。製薬メーカーなどのチェックサイトの情報は公式的なもので、信憑性の高い情報となっています。一般的にわかりやすい内容として公開されているものも多く、広く簡潔でわがりやすい情報内容を公開しているサイトが多く見られます。うつかもしれないと感じたら、チェックしてみましょう。

無理せず医師に相談

うつの状態は、最初はいわゆる「抑鬱状態」と呼ばれている症状からスタートする場合が多いと考えられています。この抑鬱状態は、例えば気分が落ち込む、重い、やる気が出ないなどという、気分的に沈んでいるような感覚が続く状態の事を指します。抑鬱状態が続いてしまうと、自分に自信がなくなってしまったり周囲からの評価が落ちてしまうなどという理由によって、さらに落ち込んだ状態になりやすくなってしまう場合があります。こうした抑鬱状態の期間が長く続いてしまうと、やがて神経の伝達物質の動作が普段の健康的な状態から少しずつ変化してきます。神経伝達物質は脳の内部において神経どうしの間で情報を伝えるための物質であると考えられており、この伝達物質の量が多すぎてしまったり、逆に少なすぎてしまう場合には気分が異常に興奮したような状態になる事もあります。伝達物質の過多や減少によってあたかも自分の性格が普段の自分と違うように感じてしまったり、普段の自分とは違う人格だと周囲から誤解されてしまうこともあるのです。こうした悪循環が積み重なって起こるのがうつ病の症状の特徴的なパターンのひとつであると考えられています。うつは治療方法によって大きく分けて二種類の治療方法があるとされています。ひとつは対人療法と呼ばれている、カウンセラーなどとの対話によって精神的な改善を促すための治療法です。もう一方は薬物療法で、医師の診断により処方された薬を活用して少しずつ改善してゆく療法です。うつかもしれないと感じた場合や、最近気分がすぐれず体調が悪いと感じている時には無理をせず、できるだけ早めに医師に相談をすることが大切です。